電話:047-337-0082

〒206-0041
東京都多摩市愛宕4-23-3プリンスビル1F

平日 午前/9:30~13:00 午後/14:30~19:30 土日 午前/9:30~13:00 午後/14:00~16:30

ご予約はこちら

「多摩センター駅」より徒歩3分

診療案内

インプラント、審美歯科、一般歯科、小児歯科、予防歯科 多摩市 多摩センター駅より徒歩3分 -プリンスビル歯科-

MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧頂けます。

当院はローンでのお支払いも可能です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
Doctor's File ドクターズ ファイル当院のドクターが紹介されました

一般歯科

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。そのためには、口腔内の環境を良い状態で保つ事が大事です。
大人の虫歯の場合、早期発見・早期治療が大事です。当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針を採っています。そのためにも、早めに治療にお越しください。

小児歯科

歯の治療やフッ素塗布を行います。
フッ素は、生えてきたばかりの歯の硬化促進の役割を果たし、硬い丈夫な歯を作ります。また、虫歯菌や歯周病菌の出す酵素の働きに抵抗し、歯や歯肉に有害な細菌の酸の分泌を抑制します。

インプラント

「歯のある生活」はインプラント治療によって取り戻すことができます。
インプラントなら歯が一本、複数または全て失われた場合でも安全に治療することができ、豊かなライフスタイルを実現します。インプラントは40年以上の歴史があり、世界中で多くの治療に役立っています。
入れ歯やブリッジなど従来の治療法と比較して、インプラントには多くのメリットがあります。

治療例1 当院・院長 北村 新(56歳)

歯根破折のため右上の奥歯を抜歯。抜歯のあと治癒を待ち、同部にインプラントを1本埋入し白い歯を入れました。インプラント治療を受けたことは大変貴重な経験となりました。オペ後の状態や完成後の咀嚼感、メインテナンス方法についてなどインプラント治療を受けられる患者様の立場に立ったお話をさせて頂きます。

  • 治療前

    右上の一番奥が欠損しています。埋入前のレントゲン写真です。抜歯あと骨の回復を待ってオペを行いました。

  • 治療後

    右上の一番奥に白い歯が入りました。治療後の右はレントゲン写真です。

治療例2(60歳代男性)

  • 治療前

    右上の歯2本が欠損し入れ歯が入っていました。インプラントを2本埋入し白い歯を装着しました。

  • 治療後

    入れ歯がなくなりました。しかも入れ歯より遥かによく咬めます。右は側面からみたところです。審美的にも優れた結果が得られました。

治療例3(60歳代女性)

上の顎は総入れ歯、下の顎は左側4本欠損していました。上の顎に9本、下の顎に3本インプラントを埋入し白い歯を装着しました。装着後、この患者様は「食べたい物をそのままの形で何でも美味しくいただける、総入れ歯の時を思うと夢のようです」と大変喜んでくださいました。またインプラントを長持ちさせるにはプラークコントロールが最重要との当方の話を深く理解され、ブラッシングが治療前に比べ格段に上手になりました。このことはインプラントだけでなく残っている自分の歯の長持ちにもつながります。この患者様のみならず、インプラント治療を受けた患者様は皆様ブラッシングに対する取り組みが真剣になられます。このこともインプラント治療の(2次的な)長所といえるでしょう。

  • 治療前

    上の歯はすべて欠損し総入れ歯を使用していました。下の歯は左側4本が欠損していました。

  • 治療後

    上の顎です。固定式の白い歯が入りました。

    下の顎です。左下に固定式の白い歯が入りました。

    正面観です。審美的にも満足する結果が得られました。

治療例4(60歳代女性)

上の顎には総入れ歯が入っていましたが、不安定で良く咬めない状態でした。インプラントを4本埋入、これらをバーで繋ぎこのバーにピッタリの維持装置を入れ歯に組み込むことで総入れ歯の安定を図りました。

  • 治療前

    上の歯はすべて欠損し総入れ歯を使用していました。

  • 治療後

    インプラント4本を白金加金で出来たバーでつなげました。

    このバーにピッタリの維持装置(キャップ)を組み込んだ新しい総入れ歯。

    完成した総入れ歯をお口の中に入れたところです。インプラントの維持装置のおかげで総入れ歯が全く動かなくなりました。この患者様は治療結果に大変満足していらっしゃいます。


審美歯科

プリンスビル歯科では、患者様からの歯についてのお悩みをスタッフ全員が自分の事として親身にお答えさせて頂きます。
何かお悩みがございましたら、ささいな事でもお気軽にスタッフまでご相談ください。
お口の中のプロとして患者様に1番適切な対処法をご紹介させて頂きます。

予防歯科

治療が終わった後もそのままにしているとすぐにまた虫歯や歯周病になることがあります。
お口の環境が悪くなる前に定期的に検診を受けて頂くことで、健康なお口の状態を保つことができます。
あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。
ですから、痛みが出たり、歯が揺れだしてから歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。
当院では3ヶ月~6ヶ月に一度、定期健診をおすすめすることで、皆様のご負担が少なくなるように心がけています。

PAGE TOP